妻を見返すために精力剤を飲んだ結果…

若い頃の男は女性が逃げたくなるほど激しく求めるものですが、年々逆転してきますよね?新婚当時は妻が「もう寝ようよ…」と言うまで盛っていたし、妻も口ではそう言うものの、やっぱり求められるのはうれしそうでした。

そんな私たちも夫婦になって15年目、お互いが中高年と呼ばれる年齢になり、体力の低下も顕著になってきたのです。体力が下がると性欲も弱くなるのですが、妻は体力はともかく性欲はむしろ増しており、性欲が弱った私をリードするようになりました。

「あなたは疲れてるでしょ?」と言いつついろいろと奉仕してくれるおかげで、私も気持ちよくなれます。ただ、こういう内容の営みだと「まるで妻の性処理用の道具になったみたいだ…」なんて感じており、男として悔しさがありました。

もちろん妻がそんなことを考えているわけもなく、私の被害妄想であるのは確実です。しかし、男は本能的に女性に負けたくないのか、「いつか妻を見返してやるぞ!」と決意し、精力剤を飲み始めました。

私は妻に勝ちたいと思って以来、精力を取り戻す手段を調べていたのです。精力をつけると体力と性欲を同時にカバーしてくれるため、精力を強化する精力剤は今の私に最適でした。実際に試してみた人の口コミでも「妻を喜ばせたくて飲みました!」という内容が多く、私くらいの年齢だとよくある悩みみたいでしたね。

注文して届いた精力剤の裏面を見てみると、マカやクラチャイダムといった成分が使われていました。これまではこういう成分名にも詳しくなかったのですが、妻に勝ちたい一心で調べたおかげで、今の私には最適な成分だと分かっています。

とはいえ、飲み始めのうちはあまり変わりません。妻もいつも通り私をリードしており、私も「今は耐えるときだ…」と自分に言い聞かせました。そしてそのまま飲み続けて数ヶ月、ついに私から妻を誘い、そしてリードしたのです。

最初のうちは「大丈夫?無理しなくていいよ?」なんて言っていた妻ですが、連続で私が求めたときは「こんなにすごいの、久しぶり…」とうっとりしており、やっと妻の性欲に打ち勝てたのです。妻の言う通り、ここまで勝ち誇った気分はいつぶりか分かりません…。

その後も精力剤を続けているおかげか、お互いが意欲的に求め合えて、すごく楽しめています。最近では「もしかしたら、若い頃よりも強くなったかも…」なんて思うほどでして、最高のコンディションです。

精力剤を使って男らしさを取り戻し、パートナーと楽しみましょう。